肌のくすみやしみの原因

 

お肌のしみやくすみは、
ある程度年を重ねるとどうしても気になるものです。
くすみやすみがお肌にできるのは、
一体どうしてなのでしょうか。

 

肌色が暗く見えることをくすみと言いますが、
全体がなんとなく暗くなる場合と
部分的になる場合があります。
血流が悪くなったり、新陳代謝が停滞することで、
古い角質層がいつまでも残るとくすんで見えます。

 

血の巡りのいい肌とは、明度が高く、
ピンク味ががった色合いになります。
血液が十分に酸素を運搬しきれていないと、
何となく血色が悪く見えます。

 

けれども、紫外線による肌の影響が、くすみと密接に関わっています。
皮膚に存在しているメラノサイトという色素細胞が、
紫外線の影響を受けるとメラニン色素を多くつくります。
メラニン色素がつくられることで、紫外線の肌への影響を
緩和しようというものです。

 

大抵はメラニン色素は1、2ヶ月で消滅します。
肌のターンオーバーがうまくいかずに残ってしまうと、
しみになるというわけです。

 

お肌のしみは、女性ホルモンと密接に関わっています。
生理が始まるまでの2週間はしみになりやすいので、
紫外線対策、お肌のケアをきちんと行うことで重要になるでしょう。

 

くすみやしみがどうしてできるかは、明らかにされています。
しみやくすみのない真っ白な肌を保ちたいという場合は、
まずはどんな理由でしみやくすみができるのかを見極めましょう。

 

 

トップへ戻る