夏の肌ケア

 

お肌のケアで、夏場に気をつけたいことは何でしょう。
夏の紫外線は肌の大敵ですので、
夏の肌ケアのポイントは紫外線対策であるといっても過言ではありません。

 

肌の角質層の水分を紫外線は取りさります。
さらに、細胞をつくるために必要なコラーゲンを壊します。

 

夏は大量に汗をかきますが、汗をかくことで肌の天然成分が奪われ、
肌ダメージの原因となります。

 

室内はエアコンが効いており、
乾燥や冷風で肌の水分が奪われてしまいます。

 

毎日の肌ケアをきちんとすることで、
色々な形でダメージほ受けた肌を労ることができます。

 

ピーリングは、皮膚に残った不要な角質を取り除くためのものです。
角質は、夏の乾燥や厚さから肌を守るために厚くなりやすいといいます。

 

化粧水の前に導入美容液を使うのも夏の肌ケアにはおすすめです。
導入美容液をつけることで、
化粧水や他のスキンケア用品が皮膚に浸透しやすくなるでしょう。

 

肌ケアをするための素地となる肌になったら、
化粧水をふんだんにつけて肌を潤します。

 

はじめに軽い質感の化粧水で水分の通り道を開いたら、
次に保湿力の高い化粧水でケアしましょう。

 

夏の肌ケアのポイントは、
乳液などを加える前にしっかりと強い肌の土台作りをすることなのです。

 

夏は皮膚のコンディションが弱くなりがちですが、
外部からの負担から肌を守るためにも、日ごろからケアには力を入れてください。

 

 

トップへ戻る