冬の肌ケア

 

冬の肌ケアで、気をつけたいことは何でしょう。
季節に関係なく、肌のケアは1年じゅうする必要があります。

 

冬になるとどんな人でも肌の乾燥が気になるものです。
寒い時期は温度や湿度も低くなるため、
肌が必要としている水分が蒸発し、
肌の乾燥や小じわの原因になります。

 

冬には欠かせない暖房も肌の乾燥を促進します。
冬の肌ケアのポイントは乾燥をいかに防ぐかということではないでしょうか。

 

乾燥を防ぐためにはとにかく保湿を心がけることです。
お風呂上りや洗顔後は何よりも先に肌の保湿をしましょう。

 

入浴後や洗顔後の保湿は、1分1秒を争うといっても過言ではありません。
化粧水をしっかりつける習慣をつけてください。十分な水分を与えたら、
クリームや乳液を肌に薄く伸ばして乾燥を予防します。

 

こうすることで水分が逃げていかなくなるのです。
化粧水と乳液の両方でケアをすることが重要だといえます。
冬場は洗顔そのものが乾燥の原因になりますので、
洗顔回数は最低限にしておいたほうが良いでしょう。

 

顔を洗うときに使う水はぬるま湯を使うことで、
皮膚にちょうどいい洗い方ができます。
体の内側がら肌の乾燥を防ぐためにも、
ビタミンAのサプリメントを摂るのも冬の良い肌ケアになります。

 

ビタミンAには肌の皮脂量を調整する働きがあるからです。
体の内部から乾燥に強い肌をつくり、
体の外側から乾燥に対するフォローをすることが、
冬に必要な肌ケアです。

 

 

トップへ戻る