顔のシミと肝斑

 

肝班という顔にできるシミがあります。
肝班ができる理由は、ホルモンの分泌によります。

 

顔の肝斑というのは、目の周辺や頬のあたり、
おでこ、鼻の横などに左右対称にできる薄めのシミの事です。

 

シミの境界線が明確でないことが、
一般的なシミと異なる部分といえるでしょう。

 

ホルモン分泌の関係で、
濃くなったり薄くなったりとするのも肝斑というのシミの特徴です。

 

肝斑という顔のシミは30歳以上の女性に多く、
妊娠中や口径避妊薬などを使っている場合に出来るケースもあります。

 

肝班に対しては、レーザーを使ったシミ治療をすることはできません。
人によっては、シミがより濃くなってしまうことがあるためです。

 

肝班の治療方法は、光を照射するシミ治療や、
トラネキサム酸を経口摂取する治療法があります。
トラネキサム酸はもとは止血剤で、錠剤型で使用することができます。

 

肝斑は紫外線が原因で出来るシミとは異なり、
ホルモンバランスの崩れからくるもです。
ホルモンの分泌量が狂うとプラスミンという情報伝達物質の働きが活発になり、
メラニンが過剰に生成されます。

 

トラネキサム酸を使用することで、メラニンの生成を抑制する事で、
肝斑ができるのを防いでくれるのです。

 

顔のシミというのは、いろいろな原因によって治療の方法も異なってきます。
どんな性質のシミが顔にできかを見極めた上で、
そのシミに合った治療方法でシミ治療に取り組んでいくといいでしょう。

 

 

トップへ戻る