顔のシミの治療法

 

シミが顔にできた場合、
理由に応じて治療の仕方が変わります。

 

レーザーや光治療による治療と、
塗り薬やケミカルピーリングなどがあります。

 

レーザーを用いるシミ治療とは、
医療用のレーザーをシミに照射してメラニン色素を除去するものです。

 

シミの色によって、いろいろな機械があるのでシミの状態や
大きさによって使う機械も変わってきます。

 

光治療というのは、波長の異なった光を患部に当てる事でシミを薄く、
または取ることができます。
光を用いたシミ治療は、レーザーよりも多くの施術回数が必要になるため、
5回から10回は通わなければなりません。

 

シミ治療にレーザーを使う時は、塗り薬もつけるというケースもあります。
ハイドロキノンやトレチノインといった、
シミに作用する軟膏を塗る事できれいに取る事ができます。

 

美容成分を点滴する治療方法もあります。美白効果がある成分には、
プラセンタなどがあります。顔にぽつぽつと散らばるシミを目立たなくさせ、
肌ダメージをいやしていきます。

 

ケミカルピーリングは顔に特別な美容液を塗る事で
皮膚の一番外側の角質層をきれいにけずり落とす事です。

 

角質層に溜まった老廃物や、
シミの原因であるメラニン色素を排出させやすい状態にしてくれるのです。

 

さまざまな治療方法が、顔のシミ除去に関しては存在しています。
シミの原因や、肌タイプに応じて、適切な方法でシミを取ります。

 

 

トップへ戻る