フェイスリフトの種類

フェイスリフトの方法はいくつかあります。
どんな方法があるのか情報収集をして、
自分に合う方法を見つけるといいでしょう。

 

劇的なフェイスリフトには、メスで皮膚を切開し、
たるみのある部分を引き上げて縫うものがあります。
目じり、頬、あごなど、どの部分のたるみが目立つかを
総合的に判断して、フェイスリフトを行うことができます。

 

金銭的な負担が大きくなるというデメリットはありますが、
効果が長く続くという利点のあるフェイスリフトです。

 

近年では、溶ける性質がある糸で皮膚を縫い縮めるという
フェイスリフトの方法もあります。
筋膜と筋繊維との間に糸を通し、引っ張り上げることによって、
たるみのない引き締まった皮膚になれます。

 

金銭的な負担が軽く、施術直後から効果があるので、
メスを使わないフェイスリフトをしたい人におすすめです。

 

フェイスリフトに、レーザー照射を行うという方法もあります。
特殊なレーザーで皮膚を照射することによって、
お肌の弾力をよくするコラーゲン量を増やすという仕組みです。

 

コラーゲンが増えることで、皮膚にハリと弾力が出て、
たるみが解消されます。フェイスリフトには、ボトックスやヒアルロンを
注射するというやり方も存在します。

 

料金体系は、薬液の分量に応じて決まることが多いため、
どのくらいのフェイスリフトを行いたいかを決めやすいでしょう。

 

ボトックスやヒアルロン酸注射によるフェイスリフト効果は半年ほどなので、
定期的な施術が必要になります。様々な施術の方法がありますので、
どのフェイスリフトが自分のお肌の状態や予算に合っているか、
十分に調べた上で最も納得のいく方法を選択するといいでしょう。

トップへ戻る