顔のたるみの原因

顔のしわ、たるみは、年齢と共に徐々に深くなります。
顔にたるみができるのは、一体どうしてでしょう。

 

コラーゲンの多い皮膚は弾力があり、たるみが少なくなります。
重力によって下がろうとする力に負けないように
支えてくれているのがコラーゲンなのです。

 

紫外線による影響や、ストレスが蓄積すると肌のコラーゲンは
破壊されてしまって、新しく作るスピードが追いつかなくなるといいます。

 

その他にも色々な理由でコラーゲンは少なくなるため、
肌のたるみが出るのです。

 

顔には、表情を変化させるための筋肉が張り巡らされており、
この表情筋がたるみにも関係しています。
体の他の部位の筋肉と同様、年を取れば筋肉は弱っていきます。

 

トレーニングである程度は食い止められますが、限界があります。
表情が滅多に変わらないという人は、
表情筋が弱まってしまいやすいのできをつけましょう。

 

日常生活のなにげないしぐさも顔のたるみの原因となります。
頬づえをつく癖がある人や、眉間や額にしわを寄せることが多いという人は、
顔のたるみが増しがちのようです。

 

口元が下がっていると特に顔のたるみを助長しますので、
口角を上げる癖をつけておくとリフトアップになります。
どんな動作や癖がたるみを増やすのか、
それを知ることが顔のたるみ予防に効果的です。

トップへ戻る