プラセンタには馬の胎盤が原料に使用されている

プラセンタには馬の胎盤が原料に使用されている

プラセンタの原料は動物の胎盤ですが、
どの動物を使っているかによって品質に差があります。

 

どの原料が優れており、どの原料が劣っているというものは
今のところはないようです。

 

プラセンタの材料は、
現在では豚の胎盤か馬の胎盤だといいます。

 

プラセンタは他にも牛や羊の胎盤からも製造されていますが、
馬と豚が病気へのかかりやすさなどから一般的になっているようです。

 

アミノ酸がたくさん含まれていることが、
馬の胎盤から抽出したプラセンタの特色です。
馬のプラセンタには、豚のプラセンタの300倍にもなる
アミノ酸が含まれているのですが、
アミノ酸はプラセンタの栄養源だといわれています。

 

豚には含まれていない6種類の必須アミノ酸が、
馬のプラセンタには含まれています。
馬の妊娠期間が11カ月で、豚の妊娠期間の3倍に当たるからだと
言われています。

 

原料としてとても良いものが、
馬の中でもサラブレッドのプラセンタだといいます。
厳しく血統が管理されており、育てるためにはかなりの技術を
必要とする馬がサラブレッドです。

 

1年の間にそれほど多くのサラブレッドの胎盤を得ることは
できないといえるでしょう。豚プラセンタと比べると、馬のプラセンタは
値段がどうしても張るといえるでしょう。

 

プラセンタのサプリメントを選ぶ時は、値段が高いという
問題がありますが馬の胎盤を原料にしたものも考えてみてはいかがでしょうか。

トップへ戻る